どうして分かるの?シャチハタ印鑑の見分ける方法について

シャチハタ不可と書かれているのはなぜ?

 

役所などに印鑑を持参する際、シャチハタ以外の印鑑を持参するようにとわざわざ書かれているのを見たことはありませんか?

 

もしそのように書かれていない場合でも、契約書類や官公庁に提出する書類にはシャチハタ印鑑を押さないというのが常識になっています。
というのも、シャチハタ印鑑は、ゴム製の印面に多数の細かい孔が開いた作りになっており、その穴からにじみ出たインクが印影を形作ります。

 

つまり、印鑑の形をしていますが、スタンプ台の要らないゴム製のスタンプと同じようなものと考えた方がよいのです。
材質がゴム製ですから、力の入れ具合によっては変形が生じやすく、一定の印影にならないことが懸念されます。

 

また、印影を映し出すのに使われるのも朱肉ではなくインクですから、にじみ易いという特徴があります。

 

どうしてシャチハタ印鑑だという見分けがつくの?

 

シャチハタと呼ばれる浸透印は、細かな孔から染み出たインクをそのまま転写するのに対して、朱肉を使う印鑑の場合には、一度朱肉を硬い材質の表面に乗せてから転写する形で印影を映し出します。
ですから、印鑑の場合には文字の線にくっきりとしたエッジができますが、シャチハタ印鑑の場合にはそのエッジができません。

 

また、インクと朱肉では、時間が経つと色の違いがはっきりしてくるため、よりわかり易くなります。
本家シャチハタ社製のネーム印は、材質もインクの質もかなり本物の印鑑に近づくように工夫されているため、最近では本物の印鑑や朱肉に近い印影を保てるようになってきていますが、他社製の安い浸透印は、普通の人でも一目でわかるくらい印鑑とは印影が違います。

 

また、シャチハタ印鑑はわざわざ個別に作成することが少なく、見るからに浸透印であることがわかるような書体が使われていることも多いため、銀行や官公庁で数多くの印面を見比べている人であれば、一目でシャチハタ印鑑かそうでない印鑑かということがわかってしまいます。


このページの先頭へ戻る