印鑑の種類・何個持っていれば良いの?

印鑑は普段の生活で何気なく使うこともあれば、非常に重要な持ち物を管理したり、自身の証明のためにごく稀に使う機会があったりと、印鑑の種類に応じて使用頻度が異なります。
そのため自分用の印鑑を持つ場合、複数の種類を持つのが基本とされていますが、いったいどんな種類のはんこを、いくつ持てばよいのでしょうか。

 

実印は一つだけ

 

自分の存在を法的に認めてもらい、社会上の権利を得るためには、実印の登録が必要となります。
それだけ重要な印鑑なので、普通は機械彫りの安い印鑑のように簡単に複製できるものを使わず、自由に持ち出しが出来るような場所に置いておくべき物でもありません。

 

そのため実印は特殊な字体で作られた手彫りのものを一つだけ所有し、厳重に保管しておくことが基本です。

 

銀行印は自由に

 

実印に次いで重要とされるのが銀行印です。当然簡単に複製されるものを使うと、銀行口座を自由に管理されかねないので、専用に作った銀行印を用意しておくようにしましょう。

 

銀行口座を複数開く場合、銀行印も複数用意するべきか迷うところですが、銀行印を複数用意すると管理が面倒になってしまいますし、かといって銀行印を一つだけにすると、紛失したときのリスクが非常に大きくなります。どちらが良いかは個人の考えにもよるので、自分の好きな個数を用意してください。

 

普段使いの印鑑

 

実印や銀行印は日常生活でそれほど使う機会がありませんが、宅配便の受け取りや回覧板の捺印など、ちょっとした用事で使う普段使いの印鑑はいくつか用意しておいて損はありません。

 

文房具店などで100円程度で売られているものがたくさんあるので、玄関先や居間に置いて、必要になったときにさっと出せるようにしておきましょう。

 

印鑑は様々な場面で使いますが、本当に重要なものはいくつも用意する必要はないので、多少高くなっても専用の物を作ってもらうようにしましょう。
実印や銀行印なら、専用の字体で作った手彫りのもので、加工が難しいものや値段が高い印台を使うのも良いでしょう。


このページの先頭へ戻る