印鑑の素材(印材)を選ぶポイントとは

印鑑を作るときには、たくさんある印材の中からどれを使うか選ばなくてはいけません。

 

その印材は、使用用途によっても向き不向きがあります。

 

ここでは、印材選びのポイントを解説していきます。

 

実印の素材

一生使える程耐久性

実印は、印鑑によって自分を証明することができるとても大切な印鑑です。それに、欠けてしまったりしたらまた印鑑登録を行わなくてはいけなくなりますから、一生涯に渡って使えるような耐久性の高いものを選ぶ必要があります。

 

おすすめは「チタン」

そういった点では、少々値段は張りますがチタンなどがいいでしょう。また、リーズナブルに抑えたければ黒檀や玄武なども耐久性が高くひび割れも起こりにくいのでおすすめです。

 

銀行印の素材

耐久性と捺印のしやすさ

銀行印も欠けると登録しなおさなくてはいけないので、耐久性が大切です。また、実印よりも使うことが多いので捺印のしやすさも選ぶ際のポイントになってきます。

 

銀行印もやはり「チタン」がおすすめ

ですから、ここでもチタンがおすすめです。高額とは言え長期保管も可能なので、一本持っておくと一生使えるでしょう。

 

お手ごろな素材としては薩摩本柘もいいでしょう。落ち着きのあるさわり心地や木目の美しさが人気です。やや耐久性は劣りますが、きちんとメンテナンスをしてやると長持ちします。

 

認印の素材

耐久性と手頃さ

最近ではシャチハタのようなインク内蔵型の印鑑が増えていますが、重要な書類などでは使用できないことも多いので、朱肉を使う印鑑も持っておく必要があります。耐久性と手ごろさを併せ持った素材を選ぶといいでしょう。

 

認印のおすすめ素材は「玄武」、「薩摩本拓」、「彩樺」

認印におすすめなのは、歪みやひび割れに強い玄武や、お手ごろ価格の定番である薩摩本柘独特の木目が美しい彩樺などがあります。

 

会社印の素材

セキュリティと耐久性

会社印には会社実印会社銀行印、角印など様々な用途のものがあります。これに必要なことはセキュリティと耐久性です。印鑑が欠けるとすぐに業務に支障をきたしてしまうこともあります。

 

「チタン」、「黒水牛」がおすすめ

セキュリティは書体で対策するとして、耐久性についてはやはりチタンが一番です。

 

また、会社印としては耐久性、硬度、粘りに優れた黒水牛の印鑑もおすすめです。重厚感のある黒水牛の会社印は急いでいるときにも調達しやすく便利です。


このページの先頭へ戻る