銀行印を変更したい場合について<必要な物は4点>

変更自体は可能

銀行印というのは、金融機関で口座を開設するときに登録する印鑑のことです。最近ではお金の出し入れや振り込みなどをATMで行うことが多くなりましたが、ATMの操作で行える取引には上限がありますから、高額な取引ではやはり銀行印が必要になります。ですから、ATMが普及した今でも、銀行印はお金を出し入れしたり、動かしたりするために使われる大切な印鑑と言えます。

 

しかし、そのような大切な銀行印でも、きちんとした手続きさえ踏めば別の印鑑に変えることは可能です。

 

銀行印の変更の理由は盗難や紛失以外でもよい

銀行印の変更は、たとえ盗難や紛失が理由でなくても行うことができます。

 

例えば、

 

「子供のころ作った口座のため、親の印鑑で登録されていたものを、自分の印鑑に変更したいから」


 

「手元にあった安物の三文判を銀行印としていたが、欠けたりするのが心配なため、上質な印鑑に変更したいから」


 

「他の金融機関と共用していたのをそれぞれ分けるために変更したいから」


という理由はもちろんOKです。

 

 

他にも

 

「気分を一新したいから」


 

「新しい印鑑をもらったから」


などという理由でも問題ありません。

 

ただし、きちんと金融機関の窓口で変更の手続きをする必要があります。

 

銀行印の変更手続きに必要なものは?

銀行印の変更は、金融機関の窓口で改印の手続きを取ることによって行うことができます。

 

その際に必要になるものは、以下の4点です。

通帳

運転免許証などの本人確認書類

これまで登録していた印鑑

新しく登録する印鑑

 

紛失や盗難の場合は、古い銀行印を持参することができませんから、その時は通帳と本人確認書類と新しい印鑑の3点で構いません。

ただし、紛失や盗難の場合は、前もって金融機関にその旨を連絡しておき、不正に預金を引き下ろされたり、移動されたりしないようにしておきましょう。

 

改印届に必要事項を記載し、新旧の印鑑を捺印することによって改印の手続きが済めば、その場で変更が完了し、新しい印鑑が銀行印となります。

 


このページの先頭へ戻る